白神ももこブログ
郡上おどりとひょうげまつり

8月の14日、前日のかなっくホールでの子どもワークショップ(小2〜中3までいたカオス)『僕らの劇場』の怒濤の発表会を終えてすぐに西井さんと決断して郡上おどりに。
IMG_20170814_205648

郡上八幡までは昼の新幹線で行けば18:30くらいまでに着く。
踊る前に腹ごしらえを、と思って入った店で偶然昔可児の市民劇でお会いした方に出会い、いろいろ教えてもらっていきなり参入。

狭い道(多分東海道とかと同じ幅)、の十字路の部分にお囃子の山車が置かれそこを中心に細長い十字の輪を作って踊る。

DSC_0893

DSC_0893


『げんげんばらばら』『郡上甚句』などを踊り、やはり盛り上がるという『春駒』の時は曲がかかった途端にわ!っと沸いた。

細い道に2〜3重の輪が細長く作られるので前も後ろも右も左もかなり人が近い。近いけれど東京から来たからとか地元の誰とか浴衣などを着ていないとかあんまり関係なしに皆で踊っていて、ある意味バリアフリーな印象を受けた。
誰でも入れる許容をもち単純だが熱中できる踊りの中に、農民の強さやそこにいる人々の揺るぎない強さを感じた。おどりがあるから強いのか、強いから誰でも入れることができる許容と揺るぎない自信があって踊るのか。昔は武士もお忍びで身分を隠して踊りに来ていたとかいないとか。
どちらにせよ、農民の力強さを感じた。

DSC_0892

DSC_0892


農民発祥のおまつりでもう一つ。
9月10日に香川県浅野のひょうげまつりへ。
具体的に踊りはないが、顔は元が分からないくらいふざけた化粧をし、米袋やぬか袋でできた裃や前掛けをして、鎧の代わりに里芋の葉や日本刀の代わりにずいき(芋の茎)とカボチャ(柄にする)を腰にさしており、武士や権力者を痛快に風刺したオモシロ祭だった。
全てハリボテ。
馬も御神輿も竹や葉っぱや藁などのその辺にありそうなチープさで作られている。
DSC_1030

DSC_1030

参加者は、午前11:00頃から集まってひょうげうどんという婦人会お手製のうどん(200円で一杯おかわり可能)をわいわい食べた後、酒を飲んだりしてだらだら待ち、子ども(巫女さん)の支度が終わると順番に化粧をして衣装(紙)をつける。

誰だか分からない匿名の武士や町民や神主などになり行列をつくって練り歩く。
最後に御神輿がやってきて、この御神輿がかなり暴れつつふざけながらもお世話になった方の前でわっしょいする。
練り歩いた末、新池という池に御神輿をぶち込んで終了する。ぶち込むという言葉が似つかわしい感じにただただ勢い良く御神輿ごと池に入る。なんでもないがとても痛快かつばかばかしい感じで笑える。
神さまもびっくり。水の神さまありがとよ!!!みたいな。
ぶち込み動画
それもこれも、このお祭りの由来を聞くとなっとく。
この土地は気候は穏やかで良いのだが毎年深刻な水不足に陥る地域で(今も良く水不足になるけど)、農作物のために矢延平六という技術者が農民たちとため池を作った。→農民たちは矢延平六をとても慕っていた。→高松城を水攻めにするんじゃないか?という戯言が広まる。→矢延平六は徳島に追放されてしまう。
ということで、矢延平六を慕っていた農民たちは彼を偲ぶために始めたが矢延平六の為と言えず隠すために派手な化粧をし、わざとひょうげ(おどけ)たのではないか、と言われているそうな。
と、いうエピソードを地元の小学生たちが寸劇で発表するのも見られる。
今では水と豊作に感謝したお祭りだが、武器が野菜だったり見るからに紙で出来たものだったりするのを見てポリシーを感じる。今一番必要なお祭り。
武器で戦わず、ひょうげて油断させることは、私が思う踊りのスタンスと似ていてとても親近感が湧く。
お隣の仏生山では松平の大名行列は、かなりきらびやからしくそことの対比も面白いと思った。
写真を後ほどもう少し詳しくアップしようと思う。

DSC_1025

DSC_1025


DSC_1029

DSC_1029

DSC_1004

DSC_1004


DSC_1065

DSC_1065

DSC_1050

DSC_1050


DSC_1052

DSC_1052


DSC_1040

DSC_1040

IMG_20170910_142142

  • SHARE
  • COMMENTS
8月のこと

8月の末、まつもと市民芸術館主催のシアターキャンプの講師として長野県上田市にある犀の角というところに滞在しました。
上田は昔旅行で行ったことがあったけど、あまり覚えていなかったのですが、良いところでした。夏だからかな。
串田和美さんとのワークや犀の角のあり方を見て地方で活動することなどや人と人との関わり方とかいろいろ考えた、気がするけど毎日毎日ワークショップやクリエーションでゆったりしてはいたけど盛りだくさんでそれどころでもなかったような気がします。
長年、富士見市のキラリふじみと関わっていることもあり、地域の公共ホールについてとか、[場所]や地域とアーティストとしての関わり方、距離の置き方、良くも悪くも[場所]は人を守ってくれそうでくれないこともあること、そんな中で何かを割り切って行動してきたことなどを考えていました。そして最終的には人とのつながりだということなど。

上田期間中は私以外大御所大先輩講師陣の方々でしたが、打合せなどで私の話もとてもおもしろがって聴いてくださってやりたいように自由にやらせてくださったのがありがたかったです。上田の街をスケッチしに行ったりとにかくのびのびさせてもらえた気がします。

加藤直さんが作詞した『赤鬼と青鬼のタンゴ』で育ったので、カラオケで2回歌っておきました。
あと、スカーレットピンパーネルも歌っておきました。リスペクト。
打合せで先輩方の若い頃の話や揺れ動く社会の中でどう生きてきたか、どんな思いで作品を作っているのか、今をどう見つめているのかを垣間見せていただけたのがとても良かったと思いました。

※写真は最終日に無理矢理バッティングセンターを開けといてもらってバッティングを習っているところ。(バット持って徘徊する老人が若者に呼び止められてる図にしか見えない)

  • SHARE
  • COMMENTS
7、8月の予定もろもろ

7月と8月の予定を書き出しました。(写真は関係ありません)
ちなみに今日は、アートファームさんの「海の劇場・学校でひらく舞台芸術教室」という企画で岡山の小串小学校でのワークショップ。
13日には発表があり、その最後の授業でした。
小串小学校は今年で2年目で、2年続けて同じ小学校の子どもたちに会えることができるのは、人見知りの私としてもとてもありがたく、子どもたちの成長が見れたり先生方との信頼関係が築けるのでとてもありがたいです。

7月
13日 「海の劇場・学校でひらく舞台芸術教室」小串小学校と朝日小学校の合同発表会 ワークショップ

21〜24日 文学座 なつやすみこどもフェスティバル
『かぐや姫/ねずみの嫁いり』振付
https://ameblo.jp/akaoni2012/

30日
『夏の日のダンスパフォーマンス〜古民家のなかのモモンガ・コンプレックスwith kids〜』
http://hall-net.or.jp/news/2611/

8月
1〜13日
僕らの劇場2017『美術作品から動きを考えよう!夏休みダンス作品に挑戦!』
ワークショップ講師。13日に発表あり。
http://kanack-hall.info/event/【募集中】僕らの劇場2017「美術作品から動きを考/

5〜6日(香川公演)、19日(新潟公演)
ノトスラボ『三人視舞』演出:仙石桂子
振付。
http://kuromame4.hatenablog.com

8月後半
まつもと市民芸術館主催のシアターキャンプに講師として参加予定です。

今年の夏はワークショップが多めですが、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。
(アイキャッチの写真はなにも関係ありません。2013年の『私たちと棒』という公演でOLみたいな格好をしてたなーという楽屋での写真)

  • SHARE
  • COMMENTS

先日、キラリ☆ふじみ芸術監督の多田さんと職員の方々と劇場の近くの養護学校(高等部)の音楽の授業に見学へ行きました。

授業も学校もとてものびのびしていて、温かく守られていて、決して整列させられたりすることなく両腕を高く上げたり動き回ったり飛び回ったりしながら思い思いに声を出して歌っている姿に感動しました。こんな学校で学べたら最高だな、、なんて思っていたりしました。
かつて(特に障害?と呼べるものはないのですが)自分から特別学級への編入を希望したこともあった私ですが、普通学級にいて苦しかったことや悔しかったことを同時に思い出してしまって帰り道にぼろぼろ泣いたのでした。

何が人間的というのか。彼らの衝動的な喜びとか悲しみとかがダイレクトに伝わってきて頭が混乱してしまってその場では何も言えなくなってとぼとぼ帰ったのでした。

特に障害についてなんの知識もなくて知らなすぎる私がブログにこんなことを書くのはどうかと思ってしまって最初はなにも書けなかったのですが、そもそもそういう風に分からないから書けないみたいに思ってしまうのもどうかと思いました。
障害と言っても、この資本主義社会においての効率やスピード感が基準になっていて、そこに順応できない人というだけで障害があるとされ、一線引かれているようにも思えました。

人にはいろんな表現方法と距離感があって、そこに優劣はないと思っています。
私たちは、知らないだけなんじゃないかと思います。近い仲だとしても知らないことが沢山あります。それを時間をかけて知ることで日々の人間関係を学んでいます。だから、今、場所や地位によって分類分けされすぎてお互いを知らないだけなんじゃないかと思いました。だからちょっと基準(と呼ばれて順応してきたこと)と違うだけで嫌悪したり驚いたりしてしまうのではないかと思いました。

ちょっと話が変わってしまうかもしれませんが、、
私は、相当頑固な子どもでした。
かけ算九九をなんの疑問もなく暗記しているクラスメイトを見て、「何故ただ暗記しているのか。どうかしている」と感じてずっと覚えることを拒否していました。でもそれだと何も進まないよ、ということで渋々覚えました。覚えれば大人は喜ぶのか、とあきらめにも似た感覚でした。(今思えば効率的に当たり前のことなのですが)
図工の絵は、明らかに違った変な宇宙人みたいな人の絵を描いていたので、課題と違うし子どもらしくない、ということで描きなおさせられました。だから、徐々に大人が喜ぶ子どもらしい絵を描けば良いんだ、ということや人に好かれることを学びました。

私は、学校や家で私生活において我を通すことを我慢することを学んだように思います。
我を通すと嫌われてしまうかもしれないという恐怖がいつもありました。
だから、素直な我は、もしかしたら未だに通せないでいるかもしれません。
最近は、おばば言葉に救われて結構言いたいこと言うようになれましたが。

そういえば前に、『春の祭典』を観たある先輩ダンサーに『白神は、本当に空気読めないよね。そこが良いんだけど。』と言われたのもふと思い出しました。
もしかしたら、みんな空気読んで“批評の対象になるには、こうあるべき”をやってるのかもしれないとその時思いました。
私は、それからまた頑張って少しずつ学びました。
そうやって日々順応して生きているようにも思います。

順応することが本当に良いことなのかどうかは分かりません。
でも、他者にどうやったら好かれるかを考えるのは大事なことだと思いますし、相手が誰によってかによっても程度が違います。
だから、お互いに知るという環境や時間をどう作るかというのは課題にしていきたいと思いました。
知るために、じっと立ち止まる時間を速く歩かされている毎日の中に少しでも作ることで変わっていくように思います。

  • SHARE
  • COMMENTS
なんでも民謡化(家)。

実は、5月からひそーやかに少しずつ音楽の西井夕紀子さんと『なんでも民謡化(家)』と企画名なのかユニット名なのか分かりませんが名をうって活動を進めております。じつは。
この『なんでも民謡化(家)』とは、日本中を歩き回ってその土地にあった素材を活かしてイカした仏像をこれでもかと彫りまくった仏師の円空に憧れた白神が、そんなことが私(踊り)にもでできないものか?と思って、西井さんに声をかけたことから始まりました。西井さんは、新潟の十日町で地元の方々とコンスタント関わってそこに住んでいる人と歌や音楽を作ったりしていて、通ずるものがあると思ったのでした。そんな私のもやもやとした思いをお話しし、快諾。そして、二人で色々あーだこーだ話して、そこにいる人だけに固執せず、例えば道を歩いていて気になったもの、石ころ、動物、隠れた名所や素材から踊りや歌を見いだせないだろうか?ということで『なんでも民謡化(家)』としました。

で、そんなことを言っても、まずは民謡って?ということで民謡の起こりや民謡の派生と伝播などが気になったので記念すべき第一回目のリサーチをしようということに。よくよく考えたらうちの母は民謡歴12年で名取でもあるので、お、こんな身近に先生が、そら都合がいい、ということで早速母から色々話を聞きました。
元々、農耕民族であるので、農作業の仕事歌から春は祈りの歌、秋は豊穣の感謝や喜びの歌、そして冬になると出稼ぎへ行き、その出稼ぎ先で歌が出会うことや、北前船などの商人たちから牛深ハイヤ節→佐渡おけさ→青森アイヤ節みたいな感じで伝わったり、旅先のお座敷で芸者に伝わって体裁が整っていったり、、。
そんな感じで、形や歌い方を変えながら流行歌になってみたりだそうな。
ロシア民謡についてもシベリア抑留から帰国した人たちが歌ったのが流行ったきっかけだったりと。これも民謡。
他にも唄、音頭、節、甚句の違いなど。

第二回目のリサーチは実際に民謡大会へ出向いて今の民謡を聴きにいきました。ついでに民舞もいくつか見れました。民謡、歌詞を見なければ殆ど分かりませんが、お囃子がとても面白い。
「ピートコパートコ」「ショーカイヤ オロロンバイ」
日本人は昔っからオノマトペが好き。
初めて行った民謡大会なのに最後の同窓会音頭というので舞台上に上げられ、人生の先輩方と一緒に踊ったのでした。

まだまだリサーチは気ままに続きますが、あくまでも既存の民謡をどうこうしようってわけではなくて、どこにでも民謡になりうる芽吹きを感じる手助けになるとして、考察を深めていきたいと思います。
手探りなので、もし、なにかコレを聴きにいった方が良いよ!とかコレを読みなはれ!とかございましたら、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします!

  • SHARE
  • COMMENTS

こんにちは。モモンガ・コンプレックスの白神ももこです。
3月のモモンガ・コンプレックス本公演『遠くから見ていたのに見えない。』も終わり、新年度になりましたので、ここいらでブログをまた始めたいと思いたちました。
タイトル同じくして、前回のブログのアカウントをもうすっかりうっかり忘れているので、webサイトを新しくしたのに便乗しました。
特に、ここではモモコン以外の公演のお知らせもしますが、普段考えていることをまとめて文章化できる場所を敢えて作りたいな、と思ったので不定期ですがたまに更新して参りたいと思っております。テンションは相変わらず低めです。

と、言って得に初回に書きたいことそこまでないのですが、4月は11日から福岡へ行きます。5月に太めパフォーマンスの二人の作品『浮きあがらないあぶく』の演出をするのでそのクリエーションのためとワークショップを開催します。
【日時】
2017年4月14日(金)19:30~22:00
    4月15日(土)19:30~22:00

【会場】
ゆめアール大橋 大練習室

【内容】
・体を動かす
・ダンスを演出する
・質問会
ダンスの「演出」の部分に注目し、実地と質問会を行い、スキルアップを目指します。
…スキルアップって?まあ、良いか。
ダンス公演の演出をしに行くので今回はダンスの演出について考えようと思います。

そして、公演はこちら、↓
太めパフォーマンス第2回単独公演
『浮き上がらないあぶく』

人魚でもなくトドでもないヒトが踊る。
欲を抑えず充たしてきた たるんだからだ が
理想を求め、じたばたする。

演出:白神ももこ
振付:乗松 薫
出演:太めパフォーマンス(鉄田えみ、乗松薫)

日時:
2017年5月20日(土)18:00開演
    5月21日(日)14:00開演
    (開場は開演の30分前)

会場:枝光本町商店街アイアンシアター

チケット:前売/2,800円
      当日/3,000円

予約方法:
件名を「浮き上がらないあぶく」とし、
本文に①お名前 ②日時 ③枚数 ④ご連絡先アドレス
を記載の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
yoyaku.futomeperformance★gmail.com
(★→@に変更してください)
太めパフォーマンス
“理想を求め”ってあるけど、いったいあの二人の理想って何なのかしら?楽しみです。

あとは、モモコンが5月13日(土)にキラリ☆ふじみのダンスカフェでやる『パン。』について考察中です。

以前から気になってて公演終わったら読もうとチェックしていた河出書房新社から出てる『パンと昭和』という本を購入。表紙の写真の移動パン屋さんの売り文句すごい。「すっかりパン食めっきり健康」
パンと昭和 小泉和子編

  • SHARE
  • COMMENTS